老眼、遠近両用メガネについて詳しく説明します

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

はじめに

45才を過ぎるとやってくる老眼。今まで何の苦労もなく見えていたパソコン、スマホ、新聞、雑誌など近くのモノがぼやけてきたり、長時間見ていると疲れたり。イヤですね。それでも残念ながら皆さんに等しくやってきます。やってきたモノは仕方がない。受け入れがたいけど受け入れるしかない。受け入れるためにも老眼とは何か、またそれに対応する方法にはどんなことがあるのか。これらについて詳しく説明していきたいと思います。


老眼とは

ひとは45才を過ぎたあたりから老眼になります。とは言え、老眼を正しく知っている人は意外に少ないです。老眼を一言で言うと

遠くが良く見える状態で見たいと思う手元のモノがぼやけて見にくい状態

となります。人によって近くを見る距離は以外に変わります。とにかく自分が今まで見えていた近くのモノがなんだかぼやけてきたな・・となるとそれが老眼です。ちょっと先走りますが、近視の人は老眼にならないと言う人もいますがそれは間違いです。上に書いたように遠くがしっかり見える状態、近視に人なら遠くが見えるメガネやコンタクトレンズをした状態で近くが見にくければそれはやはり老眼です。近視の人はメガネやコンタクトをしていない状態だと近くが見えるので老眼ではないと思われがちですが、近視の人もしっかり老眼になります。

ではその老眼の仕組みを説明します。

老眼の説明1

まずは眼のいい人が遠くを見ているときの眼の中の状態です。無限遠方の平行光線が眼の中のレンズ(水晶体:グレーの部分)が仕事をしていない(膨らんでいない)状態で網膜上①で焦点が合っている状態の人が正視です。まっ、メガネ屋の立場から言わせて頂くと正視の人は殆どおられません。眼が良いと思われている人のそのほとんどが遠視です。これはまた後で詳しく説明しますね。

老眼でない人が近くを見るときは
老眼の説明2
手元から出ている光は広がって(拡散)います。拡散した光は水晶体がそのままだと曲がりきれず網膜の後ろで焦点が合います(図の①)そこで水晶体が膨らみより多く屈折するように調節をします(図の②)そうすると光は曲げられ網膜上でピントが合うようになります(図の③)

この水晶体が膨らむことを我々の専門用語で「調節」といい、その調節ができる力を「調節力」と言います。
老眼とはずばり、この調節力が衰えてる事です。

老眼の説明3
老眼になると調節力が衰えるのでいくら頑張ってもピントは網膜の後ろのままなので、結果文字がぼやけます。
そこで老眼鏡の登場です。

老眼の説明4
調節力が衰えると水晶体の膨らみが不足し、光は曲がりきれず網膜の後ろに焦点がきます(図の①)
そこで光を曲げる補助として老眼鏡をかけることで(図の②)光が曲がり、網膜上に焦点がくるようになります(図の③)。つまり文字がはっきり見えるようになるのです。

目の前で腕を目一杯伸ばして人差し指立てて見て下さい。おそらくぼやけずはっきり見えると思います。それをどんどん顔の方に近づけて下さい。ある距離でぼやけますよね。そのぼやける直前の点を「近点」といって、その人が明視できる最も近い距離をいいます。10才くらいでしたら近点は10センチくらいでしたが、そこからだんだんとその距離は遠くなってきます。手に持って見るモノはおおよそ眼前30~40センチ。つまり近点距離が30~40センチより遠くなってしまうとぼやけていわゆる老眼になるのです。
これは年齢に結構関係します。

年齢と近点と必要とされている老眼の強さを表にします。

年齢(才) 近点(cm) 老眼の目安(D)
40 25 0.75
45 30 1.25
50 40 1.75
55 67 2.25
60 100 2.50
これはあくまでも目安なので、参考程度にして下さいね。

老眼、イヤですよね。特にそれまで視力が1.0以上あった人にとって、モノがぼやけるってあり得ないことなので、どうしても受け入れにくいようです。私のように近視で学生時代からメガネをかけている人にとってはぼやけるなんて当たり前のことなので、特になにも感じないのですが・・


老眼対策メガネ その1 老眼鏡

老眼になってしまったら、近視の人以外はメガネの助けを借りなくては手元が見えません。最近○○○ルーペなどのメガネタイプのルーペが出てきましたが、これはあくまでもルーペ、拡大鏡です。


老眼鏡とハズキルーペ

上から2段目が老眼鏡無しでルーペをした状態。ぼやけたまま文字が大きくなっていますよね。こんな感じです。
それに対して老眼鏡は大きくはしませんが、ピントを合わせるので文字がはっきり見えます。

ルーペの使い方としては、まずは老眼鏡で文字をはっきりと見せ、それでも文字が小さくて見にくいときに老眼鏡の上からルーペを使うようにしましょう。

話が横にそれてしまいましたが、老眼対策の眼鏡、その1はベタですが、老眼鏡です。眼前30~50センチで本を読む、パソコンを操作するなど決まった距離での長時間の作業では老眼鏡が一番快適です。老眼鏡を作る際はこのメガネを使って何を見たいのか、その距離はどのくらいなのかをしっかりと把握した上でメガネ屋さんに言ってくださいね。

老眼鏡の長所
  • 手元の決まった距離を見るのには一番適しています。見える範囲も広く、疲れにくいです。

老眼鏡の短所
  • 距離が少しでも遠くなるとぼやけてしまうのでかけたまま歩いたりすることが困難なときが多い。
  • 出先で近くを見るときにわざわざ出してかけなければならないので煩わしい

老眼鏡対策メガネ その2 遠近両用メガネ

老眼対策でもっとも効果的なのは先に述べた老眼鏡です。今回は遠近両用メガネについて説明しますが、実は老眼対策という目的だけでみれば遠近両用は一番効果がないです。「遠近両用」という言葉だけの印象ですと、遠くと近くの見える範囲に違いはないように思われるかもしれませんが、実は全然違います。

遠近両用イメージ

イメージとしてはこんな感じです。遠近両用メガネはあくまでもメインは遠方です。そしてレンズ下方に向かって近方にピントが合うようになっています。白い部分はピントが合わない部分です。

1枚のレンズに色んな度数を入れますので、どうしてもムリが生じます。そのしわ寄せがレンズ周辺部にくるのでこんな感じになります。
このイメージ図通り遠近両用メガネはあくまでも遠方がメインです。中間~手元はあくまでもおまけ位の感覚で頂くといいかもしれません。

とは言っても近くが見えることには違いありません。遠用専用メガネでは見にくい手元も遠近両用メガネなら見えます。遠近両用メガネの詳しくはこのページ後半で説明します。

遠近両用メガネの長所
メガネを掛け替えなくても遠くも近くも見える。もうコレにつきます。1つのメガネで遠くから近くまで見える。すばらしい!

遠近両用メガネの短所
長時間の近業作業には向かない
慣れるまでに時間がかかる場合がある
老眼鏡(単焦点)レンズに比べて高価
販売スタッフのスキルがある程度必要

長所に比べ短所が多いように思えますが、これは事実です。これら短所を考慮してもそれを上回る長所。つまり掛け替えしなくても遠くも近くも見えるというのはそれだけありがたいことなんです。



老眼対策メガネ その3 中近メガネ

最近最も人気があるレンズです。中近メガネ。遠近両用メガネの最大の欠点、近用部の狭さを格段に広くしたレンズです。その代わり、遠方は遠近両用レンズに比べて劣ります。劣りますが、室内、大体2~3メートル先までならはっきりと見えますので別名室内専用メガネとも言われています。

中近レンズイメージ

中近レンズのイメージです。遠近と比べ中間、手元が格段に広がっています。その分遠方が狭いですね。
私の経験上、遠方矯正視力が1.0以上ある人で、フレーム天地幅(上下の深さ)が30ミリ以上あるフレームを選んだ場合、中近レンズを入れたときの遠方矯正視力は約0.7です。つまり普通免許が通るくらいの視力があるという意味です。ただし、それは真正面の視力で眼だけを横に動かす側方視をするとガクッと矯正視力は下がりますので、車の運転には使えません。危険です。やめてくださいね。

いずれにせよ正面視だけでも視力0.7あれば家のテレビは余裕で見ることができますし、手元の見やすさは遠近両用レンズの比ではありません。
視力測定の後半で遠近両用のテストレンズを装用したまま新聞を広げて見てもらい、その明視できる範囲を確認した後中近のテストレンズに交換すると、ほぼ全員の方が「ほーっ」と納得されます。それくらい新聞が見やすいのです。

またパソコンはメガネ屋の立場から言わせて頂くと近方と中間の境目になるのですが、その辺の距離の見やすさも遠近両用レンズより優れています。

ただ、かけたまま外に出るとあっ、しまった。となります(^0^)

中近レンズの長所
遠近両用に比べ格段に近方~中間の見える範囲が広い

中近レンズの短所
遠方が見にくい
家の中で中近メガネをかけていると外に出るときに掛け替えるのを忘れてそのままでてしまうことがある。メガネを掛け替えるって面倒なんですよね~




老眼対策メガネ その4 近々メガネ

老眼対策メガネの最後は近々メガネです。

中近レンズが今日のようにメジャーでなかった数年前まではこのレンズが手元用メガネのニューフェイスでした。別名デスクワークメガネ、パソコンメガネ。その名の通り机の上にある範囲のモノは全て見渡せます。単焦点老眼鏡では見える範囲はせいぜい手元30~40センチくらいの幅しかありませんでしたが、近々ですと手元30センチ~1メートルくらい先まですっきり見ることができます。手元の書類、書籍、パソコン、手芸・・。とにかく机の上にあるモノは全て見えます。その意味では老眼鏡よりも使い勝手のいい手元用メガネになります。老眼鏡のアップグレード版的な存在です。

近々レンズイメージ

イメージレイアウトです。近方奥と書かれているところが少し遠くまで見えるところです。年齢、用途によってこの近方奥の度数を変えることができます。とにかく1メートル以内のモノは快適に見ることができます。逆に言いますと、1㍍以上先のモノはぼやけます。なのでかけたまま歩くのはちょっと難しいかもです。私がご提案しているのは近業作業をする机が決まっているのであればこのメガネはそこに置いておいてくださいと言っています。

クラフトワーク、一日中パソコンなど長時間近くを見る環境であればこのメガネがベストです。

近々メガネの長所
手元にあるモノは全て明視できる

近々メガネの短所
机から先は見えない



累進レンズのまとめ

説明の順番が逆になりましたが、遠近、中近、近々レンズのように1枚のレンズで度数が変化しているモノを累進レンズと言います。(近々に関しては単焦点として扱っているお店もあるようですが、当店では累進レンズに含めます)累進レンズの目的は少しでも見える範囲を広げるのが目的です。

1枚のレンズが場所によって度数が変化するのでどうしてもユレ、ユガミが生じてしまい、慣れるのに時間がかかる場合があります。そのユレ、ユガミは度数の変化が大きいほど生じやすいです。逆の言い方をすれば度数差が少ない方がユレ、ユガミを感じにくくなるのです。

度数差とは。

度数変化イラスト
こんな感じで共通しているのはレンズ下方には老眼の度数が入っています。
レンズ上方のアイポイント、つまりメガネをかけて真正面を見た位置の度数とレンズ下方の老眼の度数との差を度数差と言います。アイポイント上の度数によって遠近~近々が決まります。アイポイントからレンズ下方の老眼の度数までの度数変化が大きいほどユレ、ユガミが大きくなります。


遠近~近々レイアウトイメージ

遠近よりも中近、中近よりも近々の方がアイポイントからレンズ下方までの度数変化が少ないのが分かります。

ですので慣れ易さの点から言いますと

近々>中近>遠近

の順で慣れやすいです。



さて、その用途ですが、もうこれは言葉通り(^0^)

ロハス

各レンズメーカーさんは中級ランク以上の累進では遠近~近々までを5段階の製品で展開しています。
遠近ー中近寄りの遠近ー中近ー近々寄りの中近ー近々
それぞれ見るのが得意とする距離があります。
ニコンさんの場合、アクティブ、ウォークが遠近、ホーム、クラフトが中近、そしてリーディングが近々になります。各メーカーによって呼び名が違うので分かりにくいです(^0^;)