大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
平日  10:00~19:00
日祝日 10:00~18:00


定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

遠近両用レンズでのフレームの選び方


遠近両用レンズを使ったメガネを作るときのフレーム選びで気をつけた方が良いことをお教えします。
まず基礎知識として
   1.レンズ周辺部になるほどぼやける
   2.累進帯の長さは選べる

累進帯イラスト


白い部分はぼやける部分になります。また遠くが見える点から近くが見える点までの距離、累進帯長は何種類かあります。
以上のことをふまえて!先ずはフレームの天地幅。下イラストの矢印の長さです。

フレーム天地

この幅が長い方が累進帯長の長いレンズ=ゆれ歪みの少ないレンズを選べます。ただ、人が眼を下げる長さにも限界があります。あくまで標準ですが天地幅が30ミリ以上あれば十分でしょう。
ただそれだとデザイン的に気に入らない、という方もおられると思います。先に書きましたが累進帯長は選べるので短いのをすれば大丈夫。ただし標準長に比べるとゆれ歪みが少し大きくなります。
次はフレームの幅です。今は大きいフレームがはやってはいますが横幅に関してはあまり大きくない方がいいです。基本的に顔幅よりも大きくないこと。横幅が大きくても周辺部はぼやけていますのでそのぼやけ部分が増えるだけです。
この2点に気をつけてフレームを選べば失敗は少ないと思います。
これらはあくまでも遠近レンズ初心者に対しての標準的な考え方です。すでに慣れている方はあまり気にしなくても大丈夫です。メガネは見るモノからオシャレアイテムに代わってきています。ですのでその辺は柔軟に考えてご相談下さいね。


2020-06-05 17:35:47 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください