大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

くもり止めの正しい塗り方

カテゴリ : メガネ
久しぶりの投稿になってしまいました(>_<)

今日は知ってそうで、以外に知らないコトのご紹介です。

これから寒くなるとメガネをかけている方の悩みの1つに、「メガネがくもる」があります。

寒いところから暖かい所に入った時。例えば電車に乗ったとき。

ラーメンやうどんなどを食べたとき。

こんな時、恥ずかしくなったことありませんか?


笑いを求めている方はこれはこれでネタになるのでいいですが(笑)

いつもいつも笑いを求めていませんよね。


そこで役立つのがくもり止めです。
曇り止め

メーカーさんによって形状は変わりますが、中身はほぼ同じです。


ところがこのくもり止め。正しい塗り方を知らない人が結構います。

皆さんはどうされていますか?

おそらく・・・・

①くもり止めをレンズに塗る。

②すぐにティッシュやメガネ拭きで拭く。

ってしていませんか?

これだとまあ効果が無いわけではありませんが、持続性を含めてちょっともったいない方法になります。


で!


正しいくもり止めの塗り方のご紹介----

写真付きで分かりやすく説明しますよ-(^0^)



①まずは汚れを拭き取って下さい。くもり止めはクリーナーではありません。

 汚れが残ったまますると十分な効果が得られません。


②レンズに適量のくもり止めを塗る。

 今回は比較するために片方だけに塗りますね。

 適量とは、皆さんが思っているよりおそらく少なめです。

 後で説明しますが、乾燥させるので塗りすぎると乾くのに時間がかかっちゃいます。

手順①



③指先でレンズ全体にまんべんなく塗ります。

 うーん、写真じゃ分かりにくいか?!

 とにかく全体に塗って下さい。

 この時に表面に余っている場合はティッシュなので拭き取って下さい。

 この時に注意!完全に拭き取ってはダメです!かる~く余分な分だけ拭き取って下さいね。

 ティッシュはこするのではなくポンポンと軽くたたく感じで拭き取るといいと思います。

手順②


④次。ここがコツです!

 しばらく乾燥するまで待って下さい。すぐに拭き取ってはダメです!

 写真でもわかりますかね。表面が白っぽくなるまでじっとガマンして下さい(^0^)

 ここの待ち時間を少なくするためにも最初に塗る量は少なくていいのです。

 白っぽくなったのが分かりますよね。

 せっかちな私は口でフーフーと息を吹きかけたりします(^_^;)

手順③


⑤はい、乾いたらティッシュかメガネ拭きで白っぽいのがなくなるまで拭き取って下さい。

 あくまでもかる~くね。

 これで完成です。試しに息を吹きかけてみましょう。

 おおっ!全然違いますよね。
手順④

この方法だとまず1日は大丈夫です・・・・

えっ??1日??

そうなんです。くもり止めの効果は1日くらいなんです(ToT)

これが欠点・・・・

でも塗ってすぐに拭き取るよりは効果は断然長続きします。

ですのでくもり止めを塗る際はぜひ一旦乾燥する時間を作って下さいね。
2016-11-21 19:18:36 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください