大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

黒ずんだシルバーを家庭でキレイにする方法

カテゴリ : 宝石
皆さんのご家庭にシルバー製のアクセサリや小物はありませんか?
そしてそれは長年放置していたために黒ずんでいませんか?

ナイフ、フォークなどはシルバー磨きで磨けばキレイになりますが、
アクセサリなどは手が届かずきれにならない部分もありますよね。

そんなとき、比較的カンタンにキレイにする方法がありますのでご紹介します。

シルバーアクセ
これはある有名ブランドのシルバー製ペンダントネックレスです。長年放置していたので全体的に黒くなってしまっています。

準備するモノ
用意するのは
a.金属製でない容器。金属製はNGです。プラスティック、陶器製などがいいですね。
b.アルミ箔
c.重曹。ホームセンターなどで比較的簡単に手に入れることができます。炭酸って書いてある場合もあります。
d.スプーン
e.熱湯

① aの容器の中にしわくちゃにしたアルミ箔を敷きます。
② ①の中にシルバー製品を入れます。
     この時、ネックレスなどの場合、重ならないように置くのがコツです。

熱湯前




③ 熱湯をシルバー製品が十分に浸るぐらいまで入れます。やけどにご注意下さいね。  
④ 重曹をスプーンなどで中に少しずつ入れていきます。泡が出てきます。驚かないように(笑)
  最初は製品にかからないように周囲から少しずつ入れます。
⑤ 泡がなくなったらまた重曹を足します

これを繰り返していくウチにだんだんと黒ずみが取れてきます。
それと同時によく見るとアルミ箔に茶色い部分が出てくるのが分かります。
これは化学反応なのですが、簡単に言うと、シルバーに着いていた黒い付着物が重曹によって剥がれそれが
アルミ箔にくっついている、という事が起きています。
熱湯は化学反応が進みやすくするように入れています。

完成


最後に動画をアップします。ご参考下さいね。


後は水で綺麗にすすいで、ちょっとしっかり拭いてやると写真のようにキレ-になります。
1度試してみて下さいね。
2016-10-14 15:19:35 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください