大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード

ロズビー(A'rossvy)

ロズビーのカタログページはここをクリックしてください↓
ロズビー(A'rossvy)2018 title



ロズビーのショッピングサイトはここをクリックしてください  ↓

ロズビー(A'rossvy)2018 taitle

RSS

富士山登頂!

カテゴリ : 徒然
かねてから報告していたとおり、8月14日(日)、15日(月)と、息子、娘と私の3人で富士山に行ってきました。
私は3年前、4年前に続いて3回目となります。コースは王道の吉田ルートです。

14日は渋滞を避けるため午前4時半頃自宅を出発。
お陰で渋滞には全く当たらず、10時過ぎに富士山のふもとにある北麓駐車場に到着。
そこからシャトルバスで富士スバルライン5合目に行きます。

5合目
今回は5合目からでも頂上がスッキリ見えました。めずらしい!

昼食を食べしばらく身体を慣らしてさあ出発!
5合目
登山口でまだまだ元気な3人の姿です(笑)

7合目から
7合目からは岩場が続きます。
ここから8合目までが1つめのヤマですね。
すでに息子は頭痛がしていたようです。

山小屋
それでも何とか5時頃山小屋に到着。
今回は8合目にある白雲荘さんにお世話になりました。

夕食
夕食はカレーです。これが、とっても美味しいのです。
寝るところは決して広くありませんが、それでも以前のように隣の人と
肩が当たるくらい狭いわけではなく、寝返りがまあできるくらいなのでよく寝られました。

実は今回、私は天気を調べていてご来光はおろか、登山中も雨では?と
心配していました。御殿場ICを下りた段階でどんより曇り空。ふもとの駐車場も曇り。
5合目では晴れていましたが、天気に関してはとても不安でした。

6時には就寝し、一旦9時頃トイレに行くため外に出ました。
なんと、当たり一面ガスだらけ。視界3㍍もありません!やっぱりそうか。
これはあすのご来光はムリだな・・と子供たちには言いませんでしたが、
心の中で諦めていました。

そして午前1時起床。1時半に出発です。
山小屋を出ました。

びっくり!!!!!

★☆★満天の星空ではありませんか★☆★

え~~~!!何コレ??まじぃ??めちゃ晴れてるやん!
冬の星座、オリオン座も東の空に輝いています!
う~ん、美しい!!

天気に関しては大いにいい方に外れてくれました。
子供たちも初めての(?)星の綺麗さに驚いていました。

ここから本8合目~頂上と渋滞が続きます。
特に8合5勺から頂上付近まではまた岩場が続きます。
富士登山ふたつ目のヤマです。それでも渋滞のお陰(?)で5㍍進んでは止まり、
10㍍進んで止まり、なので助かります。

何とか4時過ぎに山頂に到着!
ご来光が見やすい高台まで移動します。

山頂1
夜明け前。この人の多さ!

山頂2
ずいぶん明るくなってきました。気温4℃!まだ暖かい方ですがそれでもやっぱり寒い!

ご来光
午前5時前。う~ん!とても綺麗なご来光です!
今回も重いのを覚悟してデジイチを持ってきた甲斐がありました!

いやいや、山の神様に本当に感謝です!
こんな素晴らしいご来光を見られるとは思いませんでした!

山頂2
歓喜の2人です\(^o^)/

お鉢巡り(山頂1周コース)は息子の高山病が治まらなかったので諦めて下山しました。

下山直後
下山直後の2人です(笑)  もうヘロヘロ
後ろを見てもらうと分かりますが、もうガスってます。

下山後
ソフトクリームを食べて復活する2人。

とまあ、こんな感じで無事下山してきました。

帰りは近くの温泉でサッパリして帰阪の途につきました。
帰りは自然渋滞ではなく、事故渋滞に3件ほど当たり、帰ってきたのは午後9時でした。

今回、こんなに素晴らしいご来光が見られるとは本当に予想していませんでした。
娘曰く、「私が晴れ女やし」と変な自慢をしていました(笑)
息子はこれがまるっきり初めての登山。頭痛がひどく、途中で下山しようかとも思っていたそうです。
よく頑張りました。ご来光が見られたのはとても喜んでいました。

ふたりにとっていい思い出になったのは父としても喜ばしいことです。
本当に良かったです。
2016-08-17 16:57:20 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください