大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

真珠ネックレスの糸替え

カテゴリ : 宝石
数あるジュエリーの中でもみなさんが持っていらっしゃる確率が一番高いのは真珠のネックレスではないでしょうか。ジュエリーの中でもいわゆる「お道具」的な要素が多いですものね。お嫁入り道具の1つとしてもよく使われています。

真珠のネックレス、皆さんは糸替えをしたことがおありでしょうか?
一部、ワイヤーで繋がれているのもありますが、基本的にネックレスは糸で繋がれています。昔は絹糸でしたが最近は丈夫な化繊も使われています。

この糸、3~5年すると使っている使っていない関係なく伸びてきます。当店でも10年以上そのまま、って方もいらっしゃいますが、最悪切れてバラバラになってしまいます。
そうなる前にぜひ糸替えをして下さい。使うことが近々ある方は1度出してみて確認してみて下さいね。

じゃあいつ頃糸替えをしたらいいのか?その1つの目安をお教えします。

糸替え前全景

糸替え後全景

写真上が糸替え前、下が糸替え後です。
写真で見ても違いが分かりませんよね?実は実物を見ても分かりません(笑)
あっ、今回は金具も換えたのでそこは変わっていますが、ネックレス本体の部分に違いは見つけにくいです。
ところが手に持ってみると・・・

糸替え前横

糸替え後横

上が糸替え前、下が糸替え後です。

違いが分かりますか?糸替え前は手の先からすぐに下へダラーンと垂れ下がっていますが、
糸替え後の方はピンと張っていて真下には向いていません。

この差は装用すると歴然です。
糸が伸びていたまま装用するとネックレスが肌に添っています。鎖骨の部分が出ている場合も
鎖骨に添ってでこぼことなります。

糸が張っているとネックレス自身が円を描こうとしますので、鎖骨が出ていてもその前後で
ネックレスが肌から浮いた状態になり、全体にキレイなシルエットを描いてくれます。

同じ品でも装用されたときのイメージが全然変わります。特に礼服など黒で襟元が開いている場合はその違いがよりはっきりします。

宝石店では切れる前にぜひ糸替えを、とよく言われますが(僕も言います(^_^;))、本当は手に持ったときダラーンとしていると思われたら糸替えをして頂きたいと僕は思っています。

当店では糸替えのみは¥2,000円、クラスプ(金具)交換¥2,000円追加です。
期間は1週間ほど頂いております。
2017-11-25 13:21:14 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください