大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

身体がラクになるメガネ

カテゴリ : メガネ
私が最近ご提案している「身体がラクになるメガネ」。今回ご紹介するTさまも喜んで頂けた方のお一人です。

当店でメガネを作るまでは大手チェーンのメガネ屋さんで作られていました。実はかなりメガネに困っておられて、作ってしばらくはいいのですが、しばらくすると頭痛がしたり、見にくくなったりしてまた作り直す、を繰り返されていました。車の運転用、パソコン用などを使い分けてもおられたのですが、どうにもスッキリしないとのことでした。また頭痛が治まらないので鎮痛剤を常用されていました!

視力測定をしてみますとかなりの外斜位です。外斜位とは眼をつぶると眼が左右とも外に向く眼のことを言います。


下の写真は眼をつぶったときの眼の位置をイラストにしたものです。

正位
正位。眼をつぶっても正面を見ています。

外斜位
外斜位の人は眼をつぶるとこんな感じになっています。(ちょっと大袈裟ですよ)


外斜位の人はこのまま眼を開けると左右別々のモノを見てしまいます。ですので身体が勝手に寄り眼をします。

輻輳

こんな感じですね。


本来寄り眼は近くを見るときするものです。でも外斜位の人は遠くを見るときでも寄り眼をしないと見られないのです。
寄り眼をするのにも当然力がかかります。眼の筋肉が眼球を内側に引っ張っているのです。

健康な人でも長時間寄り眼をしていたら、つまり近くを見ていたら疲れますよね。

外斜位の人は遠くを見ているだけで寄り眼をしていますし、近くを見ようとするともっと寄り眼をしなければなりません。それはそれは疲れます。

特に45才を過ぎたあたりから老眼になりますのでWパンチです。



話しが細かくなってしまいましたので、今日はここまでにしておきます。

ただ、ちょっとだけ結論を。
Tさまが以前作っていたメガネも実は外斜位を解消する処方はされていました。
そのメガネ屋さんのスタッフさんもTさまが外斜位であることは分かっていたのです。
それなのに頭痛や、不具合を解消できませんでした。

当店で作ったメガネは3ヶ月たちましたがとても快調で鎮痛剤を飲まなくても良いようになりました。
この違いは何でしょう??

と言うことで、次回に続きます。
2017-10-09 17:27:57 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください