大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

このまま帰りたい!?

カテゴリ : メガネ
メガネの話しが続きます。

昨日フラ~っとご来店いただいたご新規のお客様。
最初はお持ちのメガネのレンズを使ってフレーム交換ができるかどうかをおたずねにやってこられました。

もちろんレンズに問題がない限りフレーム交換は承ります。
逆にレンズ交換でもフレームに問題がなければ承ります。

いろんなお話をさせて頂いている間に新しくメガネを作るのも選択肢になってきまして、まあ購入するかどうかは分からないけど取りあえず視力測定させて頂くことになりました。


45才の女性です。仕事は事務でパソコンを見ることが多いそうです。
いわゆる強度近視で、メガネに対しては勉強されていて、かけておられたメガネもしっかりしたメガネ店できっちり測っていただいたようです。


さて、視力測定をしていくうちに、この方も眼が凝り固まっているのが分かりました。

そこで試験枠に緊張を解すレンズをいれ矯正視力もワザと0.4位まで下げてしばらくそのままにしてもらいました。

最初はモノが2重に見えるんですけど??と違和感を訴えておられました。


私はワザと「まあもう少しそのままにしておいて下さい。ところでお客様の眼は・・」と説明を始めました。
そう、これは時間稼ぎの意味もある説明なんです。

5分ほど試験枠をかけたままの状態が続きましたか。私が改めて視力表を見てもらいます。

「ぼやけているのはそのままでしょうが、どうです、まだ2重に見えますか?」とたずねると・・



1つに見える!

どうして?!

さらにその試験枠をかけ続けてもらうと・・




何だか首、肩のこりが

じわーっとほぐれていく感じ



とまで言っていただき、最後には






今日はこのまま帰りたい。

とまで言っていただきました。お客様の写真はNGなので私が代わりに


試験枠
こんな感じ(^0^)  この状態では帰れませーん(笑)


この日は時間がなかったので、視力測定だけで終わりました。
後日、改めてメガネを作りに来るとおっしゃっていただきました。




ついでに言うとさっきまでかけていたメガネにかけ直すと、
なんだか眼にキツイ感じがする。かけるのイヤ。と言っていました。
さっきまでかけてたメガネですよー。

コレには理由があります。
この方は眼が常に緊張状態なんです。その状態なら今まで掛けていたメガネで見えるんです。


でも私が入れたレンズは身体が楽になる度数。つまり眼の緊張状態がほぐれたんです。
だから楽に感じるし、首、肩の張りも治まった感じになるんです。

一旦楽を覚えた眼は緊張状態になるメガネをかけるとツラく感じます。

と言うことで、このメガネを作れば、身体が楽になりますよ。とお伝えしました。


ここまで書いていたら、その方がご来店なさいました!昨日の今日ですよ!
さあ、最終度数を決めましょう!気合いを入れて測定します!


この方の後日談もまたブログにアップしますね。

2017-04-16 13:12:16 | コメント(0)

■コメントを投稿する

名前:

URL:

コメント:

削除用パスワード設定:

投稿用画像認証:

※画像の中の文字を半角で入力してください