大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード

ロズビー(A'rossvy)

ロズビーのカタログページはここをクリックしてください↓
ロズビー(A'rossvy)2018 title



ロズビーのショッピングサイトはここをクリックしてください  ↓

ロズビー(A'rossvy)2018 taitle

RSS

補聴器チラシ

カテゴリ : 補聴器
3月3日はひな祭り・・・でもあるのですが、
耳の日でもあります(^o^)

で、メーカー協賛のチラシを作りました。
まだ、折り込みはしていませんが、ブログへ先にアップします。

補聴器チラシ

耳はイラストではありません。
ネットで画像を探し、拡大コピーして段ボールに貼り付けました。
おもしろいでしょ?!

メーカーさんが作るチラシは固い雰囲気になりがちなので、
フリースペース(上のチラシの下半分)くらいはフレンドリーさを出してみました(^o^)



補聴器チラシ2


補聴器に対する疑問があれば、お気軽にご相談下さい!

ほじょ犬募金

カテゴリ : 補聴器
先日、補聴器の販売店協会から募金箱が届きました。

募金箱

これは日本補助犬協会が補助犬を育成するための
募金をお願いするものです。

補助犬とは
盲導犬  目が不自由な方のサポートをする犬
聴導犬  耳が不自由な方のサポートをする犬
介助犬  身体が不自由な方をサポートする犬

の3種類があり、これら補助犬を育成および認定できる
日本で唯一の団体がこの協会です。


当店は補聴器とメガネを生業としています。
そんな意味で関わりは少なくありません。

補助犬の育成はとても大切なことだと思います。
で、東久保と私がさっそく募金!

東久保さん

わたし

名実共によっ!太っ腹!の1000円です!


この募金箱、店頭に置いています。
ご賛同頂ける方はぜひご協力くださいね!

補聴器の自立支援法

カテゴリ : 補聴器
先日、補聴器のお客様が来店されました。

この方、聴覚しょう害で4級の方です。
聴覚しょう害では4級と認められると国から補聴器購入の
支援が受けられます。

官公庁が出す説明はとっても分かりにくいので
リオンのサイトをご覧下さい

当店へは初めてのご来店です。
区役所で指定店一覧を見て当店を選んでいただきました。

入られてすぐに、補聴器専門店でないことに驚かれていました。

こんな店で大丈夫??と少し不安がられていました。

私が認定補聴器技能者であること。
その資格がなくてもしょう害者自立支援の指定店になれること。
そういう意味では、勉強していること。

を説明した上で、お客様の聞こえに関する説明を
耳鼻科医が出した意見書を元に分かりやすく説明しました。

補聴器は万能ではないこと。
お客様が補聴器に期待すること、
それに対してできること、できないこと。

そんなお話、説明をさせていただきました。

ご納得された様子でしたので、補聴器のご注文を頂きました。

帰り際、良い店に来て良かったと、言って頂きました。

ありがとうございます!

補聴器専門店ではありませんが、勉強しています!

聞こえで悩んでおられる方。
まずはお気軽にご相談下さい。

補聴器

カテゴリ : 補聴器
最近、補聴器のお問い合わせが増えています。

しかも、なぜか重度難聴の方からの。

難聴のレベルは4段階に分かれています。
それぞれを聞こえのレベルを数字で表すdB(デシベルと読みます)と、

軽度難聴   40dB  ささやき声が聞こえない程度、普通の会話は特に問題ない
中等度難聴  60dB  普通の会話、1対1の会話なら何とかなるが、
             大勢での会話や、ふいの呼びかけが聞こえていない
高度難聴   80dB  大声の会話がどうにかできる
重度難聴  100dB  耳元で大きな声でようやく聞こえる

一般的に疾病が原因でないいわゆる老人性難聴で、もっとも多いのが中等度難聴の方です。
各メーカーの補聴器も中等度難聴向けの商品に主力をおいています。

これが高度、重度となってくると選択の範囲がグッと狭くなってきます。
各社2~3機種しか出していません。

これまでの経験上、高度、重度難聴者にとってオススメの商品が
リオン HB-G7PA と HB-G7PBです。

HB-G7PA

この補聴器、高出力でありながら、細かい設定がいろいろでき、音質も良く重宝します。

つい先日も、この補聴器をお買い上げいただきました。
聴力レベルは105dBでした。
この方、何と初めての補聴器です!

通常、この補聴器が必要な方はそれ以前の中等度の頃に補聴器の経験があっても
いいのですが、この方は全く補聴器の経験がありませんでした。

初めての方にハイパワータイプを販売するのは神経を使います。
いきなり大きい音を受け入れるのは大変なことだからです。

フィッティング(補聴器の聞こえ具合を調整すること)は慎重にしました。


このレベルの方は基本会話は聞こえていません。
自然、顔つきも表情がありません。

それはそうでしょう。会話での喜怒哀楽が分からないのですから。
テレビをつけても何を言っているか分からず画面を見ているだけです。

話を戻します。
で、その方に補聴器をつけ、まずはかなり緩めの音量で聞いてもらいます。
まだ、ちょっと聞こえていないようです。
もう少し上げます。

すると、「聞こえる!」と、
それはそれは、と~ってもステキな笑顔になるのです。

2~3メートル離れたところから私が普通の声の大きさで、
「今日は何時に起きましたか?」と訊ねると
「う~ん、6時頃やったかな」
と返事が返ってきます。

息子さんにも同席していただいてたのですが、今まで耳元で大きい声で
話さないと会話できなかったのが、何と、普通の会話ができるじゃありませんか!

息子さんもおっしゃっていました。
「お袋の笑顔久しぶりに見たわ~」
(説明がおくれました、この方女性です)

まずは一安心です。
その後、聞こえ具合を比較していただき、とりあえず、初期の設定はすみました。

でも、これで終わりではありません。
これから色んな場面で補聴器を使います。
そうすると、色んな不満が出てきます。

もうちょっと聞こえるようにして欲しい。
食器の音がうるさい。
1対1はいいけど、大人数だとわかりづらい
などなど。

これからはそんな問題を一つずつ解決していき、
そこで初めてその方にとって快適な補聴器となります。

そういう意味では、メガネよりお客様との接触が多い商品ですね。

息子さんからお電話いただきました。
直接私はお話しできなかったのですが、
お袋も自分も喜んでいる、と。
お袋の笑顔が嬉しかった、と。

そう言っていただけるのは本当に私も嬉しいです。

補聴器を初めて装用したときの笑顔。
これは販売する側にとっても、とっても嬉しい瞬間です。




補聴器講習

カテゴリ : 補聴器
昨日の火曜日は補聴器の講習でした。
補聴器販売における日本で唯一の資格
『認定補聴器技能者』対象で更新に必要な講習です。

この資格の有効期限は5年でその間に必要なポイント数だけの
講習を受けないと次の更新ができません。

そういう意味では必ず参加しないといけない講習となります。

講習レジュメ

今回はそのうち4科目
『障害者福祉・リハビリテーション』
『補聴器装用に関する臨床医学』
『補聴器の機能・音響』
『法規』
でした。
10時30分から18時までびっしり勉強でした。
どれもこれも、勉強になる内容ばかりです。

日頃販売ばかりしていると、福祉法や法規などはつい疎かに
なってしまうのですが、こういう機会があるといいです。

会場が自転車で行けるホテルだったので、楽!
関西地方では大阪だけなので、九州、広島の方などは泊まりがけですもんね。
ご苦労様です。知り合いの岐阜県の人にも会いましたが、いやいやホント
便利なところに住んでいると改めて思いました。



前へ 1 2 3 次へ