大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

秋のドライブ

カテゴリ : 徒然
この間の休みはドライブに行ってきました。

目的もなく出かけたのですが、
いつも自力で登っている伊吹山を車で行ってみようと思い、
伊吹山ドライブウエイまで紅葉を見に行きました。

紅葉1

初めて走ったのですが、周囲の山々の紅葉がステキでした。
登山ルートが伊吹山の表とするなら、
ドライブウエイは裏ルートになります。

ですから景色が全然違います。

紅葉2


山頂近くの駐車場に到着後、山頂まで約1キロを歩きます。
下から歩いたときの印象とどれだけ違うかを
感じてみたかったのですが・・・

やっぱり、違います。天気はまあまあ良く
見晴らしも良かったのですが、それでも
苦労して登った山頂と
ちょっと歩いただけで着いた山頂とでは
まるっきり印象が違いました。

山小屋、三角点、日本武尊像
見慣れた風景なのですが、写真を撮る気にも
なりませんでした。

やっぱり違うんだ・・・


それにしてもドライブウエイ途中の写真マニアの多さにはビックリ!
りっぱな望遠レンズをつけたカメラがずら~っと並んでいました。

これはこれですごい光景だな、と思いましたよ。

お客様からのいただき物

カテゴリ : 徒然
当店にてご夫婦共々メガネでお世話になっているお客様です。
先日手元用のメガネを新調しにご来店なさいました。

前回にもブログで紹介させていただいた
書道の先生、Mさまです。

前回も素晴らしい礼状をいただいたのですが
今回はメガネを引き取りに来られた時に
わざわざ持ってきてくださいました。

最初に来られた時に、ずっと取ってあった以前の礼状を
当店スタッフ、東久保さんに見せたらすんごい感動していて、
その様子を見ていたMさまがわざわざ彼女のためにも書いて
きてくださったようです。それも3幅!

彼女が選んだ1幅はすでに持って帰ったので
残りの2幅をご紹介します。
掛け軸

書、絵、ともにすごいです!
いつもありがとうございます!

私にはお世辞にもこちらの方面の才能はないので、
ただただ感服するばかりです。



イプシロン ロケット

カテゴリ : 徒然
ちょっと話題が遅くて申し訳ないのですが・・

イプシロンロケット打ち上げ日だった8月27日の一週間ほど前、
ネットでこの店を見つけて、腕時計の修理に来られたお客様がおられました。

もちろんご新規さんです。
この方、何とそのイプシロンロケットの打ち上げに関与するお仕事をされているのです!
打ち上げ日は2~3日前から種子島に出張です、とおっしゃっていました。
こんなお仕事を為れている方にはなかなかお目にかかれません。
いろいろ質問させていただきました。

ロケット打ち上げに関するお仕事している方って・・・
どんなイメージをされますか?
理系で、緻密な計算ができ、きちっとした印象・・・こんな感じでしょうか?

もちろん、この方もそうなのでしょうが、オフと言うことで
ラフな格好をされていたのもあり、とてもフレンドリーにお話しいただきました。

で、打ち上げが失敗した後修理が出来上がり、またご来店なさいました。
もちろん話題は打ち上げ失敗のことです。

イプシロン
ネットより拝借画像です(汗)

実はこの方、打ち上げ前から、設計、金額の効率を重視したロケットが飛ぶわけがない!
と成功に否定的でしたので、そういう意味では予定通りなのですが・・・
その日に言われたひと言、

「ロケットは技術者の情熱で飛ぶもんや!」

このひと言は強烈でした!
私もサラリーマン時代は技術者の端くれでした。
私の名前、「瓦林康孝」
でググるとヒットする検索結果のほとんど全部が私です。
このHP、ブログ、メガネや補聴器、コンサルタントへの投稿などの
今の仕事関係の他に、
サラリーマン時代に投稿した鉄鋼関係の特許公開に関する論文もあります。

そんなこともあり、このご意見にはいたく共感しました!

そうなんです。絶対に必要なのは情熱なんです!
それが言いたくてブログに書いてしまいました。

人生で、何かを成し遂げようとするのに最も大切な物、
それは『情熱』です。

以上、勝手なぼやきでした。

エネルギー余ってる??

カテゴリ : 徒然
無事富士登山を終え、その翌日は平常営業でした。
予想ではヘロヘロなのでは??と思っていたのですが、
前日夜10時から翌朝8時まで爆睡したお陰で(?)
少し太ももに筋肉痛はありましたが大したことなく、ふだん通りでした。

その翌日から盆休みに入ったのですが、
休みの間中、2時間のウォーキングをしたり、
初の区民プールで泳ぎにも行きました。
区民プール

この施設は数年前に区役所が移動した際、併設されたものです。
まだできて間がないのでとってもキレイ。

1回700円、定期だと1ヶ月4900円。
月7回はさすがにちょっと無理なので11枚綴りの回数券
7000円を購入。

泳ぎは得意と言うほどではありませんが、まあ自信はありました。
が、さすがにマジメに泳いだのは高校生以来。遙か彼方の過去の話(笑)

休みながらですが500メートルを泳いでギブアップ。両肩筋肉痛(涙)
でも2日後にはまた行って500メートル。
途中、水中ウォーキングなどもしました。
まったく休まず泳ぎ続けている私より年配の方も
チラホラ。すごいです。

淀川区役所までは歩いて約30分。往復1時間歩きます。

登山のため下半身は鍛えていましたが、上半身はまるでダメでしたね。
夜は9時45分までしているので、タイミングが合えば閉店後、
泳ぎに行きたいと思っています。

妻に言われました。
どんだけエネルギー余ってるのって。

自分でもよく分かりません。
が、身体を動かしたくて仕方がない盆休みでした。

富士登山詳細

カテゴリ : 徒然
富士登山の詳細です。

11日(日)閉店後、御殿場に向け出発。
渋滞もなく、12時頃ホテルに到着。

翌12日(月)10時半ホテルを出発。
須走口インターまで行き、そこからシャトルバスに乗ります。

シャトルバス
このバスで須走口5合目まで行きます。
11時、須走口5合目到着。
須走口5合目
まだまだ(?)余裕の2人。

昨年登った富士吉田5合目に比べ非常~に人が少ない!
これほど違うか~!と思うくらいに違います。
昼食のキノコうどんを食べ(旨かった!)、高度になれるために
ゆっくり休憩。午後1時に出ぱ~つ!

6合目
このルートは7合目付近まで他のルートにはない、森林地帯を
抜けます。樹木が下に向いて幹が伸びているのがお分かりでしょうか?
不思議な光景です。
今回はとにかく高山病にならないよう、慎重にゆっくり登ります。

それにしても人が少ない!平日の伊吹山並みです!
前後に人が見当たりません!

御来光館
予定より30分遅れ6時15分、去年も泊まった御来光館に到着。

ハンバーグ定食
昨年はさば煮込みでしたが、今回はパートナーのリクエストで
ハンバーグ定食。これも美味しかったです。
他のほとんどの山小屋のド定番はカレーライスですが、
ここは拘っています。
7時半には一旦寝床に入ります。相変わらず狭い。
パートナー曰く、他もこんなもんだそうな。
ザックを吊すフックがある分こっちの方がいい、
と言っていました。私はここしか知らないので、コメントのしようがありません。

10時前にトイレに外に出ました。昨年もそうでしたが、まぁ、星の綺麗こと。
それにこの夜は随分流れ星が見られます。
後で知るのですが、この夜は「ペルセウス座流星群」が極大
(もっとも多い日)だったそうな。
運が良かったです。

真夜中の2時に起床。2時半に山小屋を後にします。
このルートは8合目から吉田ルートと合流。そのため、ここからは
渋滞。途中、何度も止まります。

山頂はまずまずの天気。
ちょっと小高い所(たぶん成就岳)に登りご来光を待ちます。
それにしても寒い!気温6℃!凍える~!

ご来光直前
人の多さが分かりますか?もうすぐご来光です。

ご来光1
おおっ!昨年とは違う!はっきり見える!
感動です!周囲からも拍手が起こっていました。
素晴らしい光景です。

お鉢巡りもあるので、少し移動したところでベストショット。
↓クリックすると大きな画像が見られます。
ご来光2

きぇ~!何と神秘的!
今回はご来光を撮るためにデジ一(デジタル1眼レフ)を
重いのを覚悟して持ってきた甲斐がありました。
コンデジ(コンパクト・デジカメ)ではこうはいきません。

この写真を撮れただけで来た甲斐がありました!

で、この後お鉢巡りをして文字どおり富士山最高峰
剣が峰で、パチリ。
剣が峰
めっちゃ顔がむくんでます。2人とも。
気圧が低いから??

火口
火口口です。荒々しいです。

無事お鉢巡りも終わり、下山です。
御殿場ルートほどではありませんが途中砂走りがあり、
飛ぶように下山できます。
下山
ずっと私の後にいてくれたパートナーが
撮ってくれていました。

須走口5合目に到着した頃は2人ともヘトヘト。
帰りのシャトルバスの30分も爆睡(笑)
近くの温泉でホコリを流し、昼ご飯を食べ、
一寝入り。

帰りは昨年、帰省の渋滞に巻き込まれ12時間かかりました。
今年も覚悟はしていたのですが・・・・
何と、1部で15キロの渋滞があっただけで、その後は
すんなり帰られました。8時に無事自宅に帰還~!

行き帰りの渋滞なし
流星群
素晴らしいご来光
人が少ない(山頂は別ですが)
お鉢巡りができ、剣が峰も登れた

とにかくできすぎの富士登山でした。
下山途中はこれでもう富士に登ることはないな、
と思っていました。もうヘトヘトでしたから(笑)

でも今は、簡単な富士宮ルートは別にして、
もっとも過酷と言われている御殿場ルートも制覇したいな、
なんて気持ちも湧き出ています。
まだどうなるかは分かりませんが、とにかく
思い出に残る富士登山でした。

そうそう、入山料を任意で徴収すると思っていましたが、
須走ルートではそのような光景は見られませんでした。
前へ 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 次へ