大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード

ロズビー(A'rossvy)

ロズビーのカタログページはここをクリックしてください↓
ロズビー(A'rossvy)2018 title



ロズビーのショッピングサイトはここをクリックしてください  ↓

ロズビー(A'rossvy)2018 taitle

RSS

メガネフィッター 「ゴールド賞」

カテゴリ : メガネ
ずいぶん前のブログになりますが、
あるメガネグループが主催するメガネフィッターの
認定試験でゴールド賞をいただいたことを書きました。
その盾がようやく昨日届きました。
おいおい、半年経ってるで。遅くないかい(笑)
ゴールドフィッター

メガネ業界で言うフィッティングとは、お客様が
選んだフレームをその方が、快適にかけ続けることが
出来るように、修正することを言います。

これが結構難しいのです。

電車などに乗っていると職業柄、どうしても
メガネをかけている方のその掛け具合を見てしまいます。

きっちりフィッティングされているな、と言うのもあれば
おいおい、それはないやろ!と突っ込みたくなるような
ひどい場合も結構あります。

メガネはそういう意味では多岐に渡り専門的でないと行けません。

視力測定
ファッション
フィッティング

それぞれが、どれも深いんです。しかもお客様1人1人で
するべき事が変わります。

ですので毎日が勉強です。

そんなことで、ひとつの目標だったこの賞をいただき、嬉しいです。

とは言え、これで終わりというわけではなく、更なる向上を
目指さないといけないわけで・・・

がんばりますよ!

HOYAレンズ工場見学 その2

カテゴリ : メガネ
ハードコートの処理が終わると次はコーティングです。
メガネレンズには反射防止コートや水ヤケ防止機能など、最大10層くらいの薄~い膜が
コーティングされています。その工程の見学では白衣とマスクの着用が必要です。

コーティング工程2
ここも写真撮影OKでした。
あわてていたので、ファスナーを噛ませてしまい、四苦八苦の図です(汗)
しっかり撮られていたのね・・・・

コーティング工程1
はい、ちゃんと着られました(笑)

大型の機械にレンズがセットされ、蒸着という技術で
コーティングされています。


今回一番目に付いたのは、研磨、染色、コーティングなど違う工程の度に
レンズは徹底的に洗浄され、目視による検査が行われている事です。

そこまでする??

の勢いです。

前回の見学でも感じましたが多くの人の手によって
1枚1枚のレンズが出来上がってきます。

これからはあだや疎かには扱えませんね。
とても勉強になりました。


集合写真
順番が違いますが、工場到着時に撮った記念撮影です。


帰りはまたバスで名古屋まで戻ってきました。
すでに8時前だったので、一部残った人と夕食を摂りました。
その中の1人の方が、朝から「名古屋でひつまぶし、ひつまぶしが食べたい!」と
言い続けていたので(笑)当然ひつまぶしでした。

ひつまぶし
これまたとても美味しかったです。
わたしは最後のお茶漬けが一番美味しかったかな。
出汁がとっても効いていてグッドでした。


HOYAレンズ工場見学 その1

カテゴリ : メガネ
昨日の火曜日は、最大手メガネレンズメーカー、HOYAさんの
工場見学に行ってきました。

実は2回目です。2年位前にも一度行ったことがあるのですが、場所が違います。
前回は滋賀県水口、今回は長野県箕輪の松島です。諏訪湖から南へ10キロほどのところにあります。
水口工場がHOYAさんの頭脳工場と前回ブログで書きましたが、残念なことに水口が閉鎖され、この松島に集約されました。
まあ、確かにこちらの方が東京に近いから何かと便利なんでしょうね・・

朝9時に名古屋駅に集合し、送迎バスを用意していただき、現地に向かいました。
参加者は私を含めメガネ小売店の社長さんや社員さんら合計8名。
なんとその中には偶然今年の春、うちでメガネの特訓をしたY君も参加。久しぶりのご対面でした(^^)/

松島工場
りっぱな工場です

1980年設立
従業者数     約300名
年間生産枚数 168万枚/年

加工工程は前回ブログに書いたとおりでそんなに変更はありません。
でも2回目となると見学する私にも余裕ができ、色んな物が見渡せるようになりました。

前回、工場内の撮影は全てNGだったのですが、我々の強い(?)要望により、
ごく限られた場所ではありますが、撮影の許可が下りました。

その1枚目
検査1
レンズに傷がないかどうかをチェックしています。
この工程、途中にも度々登場します。

検査2

こういうのは結局人の手を頼るしかないのですね。
でも、眼が疲れそ~!

その2対傷試験
対傷試験1
レンズの表面に傷が付きにくくなるようにハードコートを施した後、
スチールウール(目の細かい金たわし)で傷が付かないかどうかを
チェックしています。

私がしているのは、ワザと傷が付くぐらい強い力でこすり、
ハードコートしている部分とそうでない部分の比較をしています。

対傷試験2
分かりますか?レンズの上半分がノンコート、下半分がハードコート済みです。
上にしか傷がないのが分かると思います。

このレンズ、実はいただいたので店頭にあります。\(^o^)/

続きはまた後日アップします。

IOFT (国際メガネ展)

カテゴリ : メガネ
昨日の火曜日は東京へ行ってきました。
業者向けの日本で最大の展示会、IOFTが目的です。
ここ数年、都合が合わず行けませんでした。久しぶりの参加です。

まずは同じタイミングで開催されている別の展示会が日本橋であったのでまずはそちらから。
東京駅から歩いて行きました。

余談ですが、東京では『にほんばし』と読みますよね。
大阪にも同じ日本橋がありますが、『にっぽんばし』と読みます。
規模は違いますが、東京の秋葉原と同様、電気屋さんがズラッと並ぶ町です。

東京の日本橋を歩いたのは初めてだったので、思わずパチリ。
日本橋1

いい天気でした。

日本橋2
これまた余談ですが、娘が映画『麒麟の翼』を観て
ここに行きたい!と言っていたな・・

日本橋3

国道1号線の起点になります。
それにしても上に高速が走っているのがどうにもいけませんね・・
なんでも地下にする計画があるそうですが、一体いつになるんでしょうね。

日本橋を終え、次は有明、ビックサイトです。
ビックサイト

新しい、いい商材がないか一生懸命歩いて探しました。
途中、来年のロズビーのプロトタイプが出展していたので
このブログを観た人だけにいち早くご覧いただきます(笑)

ロズビー2016
詳しい写真はNGです。スミマセン。
厳重にケースに入れられていました。

夕方になると各界著名人のメガネベストドレッサー賞の発表がありました。
ベストドレッサー賞
う~ん、見にくいです(汗) 左から
見城徹、片岡愛之助、桐谷美鈴、又吉直樹、中村アン、乃木坂46です。
熱心な人は1時間以上前から並んでいらっしゃいました。
すごいです・・・

てなことで、1日中歩き回り、とっても疲れました。
朝5時半に起き、帰ってきたのは9時頃。
昨夜は爆睡でした(笑)

メガネフィッター

カテゴリ : メガネ
先日あるメガネグループが主催するメガネフィッターのコンクールがありました。

メガネフィッターとはお買い上げ頂いたフレームがズレたり、あるいは痛くならないように
その方のお顔に合わせ、快適なメガネが提供できるように調整する人のことです。

スキル・レベルの違いがあるので、初級、中級、上級と段階があります。
私は長~い間、中級(シルバー)でしたが、この度上級(ゴールド)の試験を受け
無事合格しました。

採点者の1人は大阪の眼鏡学校の校長です。
普段通りにしていれば大丈夫なんでしょうが、やっぱり緊張しました(汗)
その会報にもデカデカと写真が載りました。
メガネフィッター

上級は実技テストはもちろん、ペーパーテストと、お客さまへ累進レンズ
遠近、中近レンズなど)の説明が簡単に分かりやすく説明できるかなどの
接客のレベルもテストされます。
前へ 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ