大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

慢性筋肉疲労が病気をつくる

カテゴリ : メガネ
今回は本のご紹介です。
先日の視力測定勉強会で講師の先生が紹介されました。

今回はちょっと固い話しになりますが、
ぜひ最後までお読み下さい。

奇跡の触手療法
福増廣幸著
奇跡の「触手療法」 ~慢性筋肉疲労が病気をつくる~
プレジデント社

この本1944年に出版され現在は絶版です。
定価は1500円ですがプレミアが付いており
Amazonの中古で4000円弱で購入しました。

この先生、京都大学医学部を卒業後心臓血管外科医の権威にまでなりましたが、
病院を辞め、「触手療法」という手技で病気で困っている人達の治療に当たりました。

この先生の考えはほとんどの病気は筋肉の疲労が原因であり、
その疲労は筋肉内を流れる血液やリンパ液の流れが悪いからおこるのであると
考えました。

手技としては患者さんの身体を触りながら血液の流れが悪いところを探り出し、
そこの部分をさすったり、時には強く揉んだりしながら循環を良くさせるものです。
いわゆるマッサージとは一線を画します。

またこの先生は西洋医学は基本対処療法であるのに対し、東洋医学は現在の科学では
解明できていない部分も多いですが根治治療になるとも考えられています。

ちょ~ざっくり言うとこういうことです。
この本、読めば読むほどスゴいです!
大いに納得できます。

ではなぜ視力測定勉強会でこの本が紹介されたか・・・
実は私が勉強しているのがまさしくコレなんです!

現代人の眼は緊張にさらされています。

パソコン、スマホなど近くを見るモノであふれています。
本来眼は近くを見ているときだけ緊張します。
でもその緊張があまり長く続くと遠くを見ているときにでも
その緊張のクセが抜けず、緊張しっぱなしの状態になります。

こうなると肩こりなんかは当然ですが、それ以外にも身体の変調を
来す場合が結構あるのです。

眼が緊張していると言うことは眼内外の筋肉が緊張している
状態を指します。緊張すれば疲労しますよね。
そう、眼筋疲労です。

その点では福増先生と考えが全く一致するのです!

私がいま勉強しているのは近視とか老眼の視力測定ではなく、
眼の緊張をいかに緩めることができるか。
これを勉強、実践しています。

当店のお客様でも多くの方から眼が身体が楽になったと喜んで頂いています。

なかなか文章で書くと難しくなるのですが、
また別の機会にどうすれば眼の緊張を緩ませるメガネが出来上がるのかを
述べたいと思います・・できるかな??

メガネリサイクルの経過

カテゴリ : メガネ
以前のブログでメガネのリサイクルのことを書きました。
発展途上国の国へメガネを送り、必要な方に使って頂くという
プロジェクトです。

この記事を当店が発行するきらきら通信に掲載したところ、
皆さんから多くのご協力を頂いております。

先日もいつもお世話になっているIさま。
亡くなられたご主人のやら、ご自分の全く使っていないメガネを
たくさんお持ち頂きました。

記念写真をパチリ(笑)
メガネリサイクル1

箱の中はこんな感じです。
メガネリサイクル2

今年の4月頃から始めたので約3ヶ月ですが結構溜まってきました。
皆さんご協力いただき、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

メガネレンズの歪みのお話

カテゴリ : メガネ
メガネのレンズをフレームに入れる加工をする際には色んな注意点があります。
処方通りにレイアウトされているかは勿論のこと、フレームカーブとレンズカーブを
揃えるなど。

その中で、結構見過ごされているのがレンズ歪みです。

レンズ歪みとは。

レンズには元々歪みは無く、レンズ素材の分子配列は均等になっています。
ところが、仕上がりレンズサイズがフレームに対して大きいにもかかわらず、
強引にレンズを入れると、レンズの分子配列にいがみが生じ均等でなくなってしまいます。
そうすると歪みが発生してしまいます。

はっきり言って、一見してその違いは分かりません。
しかも、加工に不慣れな場合、レンズを小さく摺りすぎてフレームに入れたときに
動いてしまうと失敗になるので、どうしても大きめに摺り、ネジを強引に締めて
止めてしまう場合が見受けられます。

歪みが多いと
①何となく見にくい
②メガネをかけていると疲れやすい
③コーティングが剥がれやすい
など、自覚症状があったり、機能的にも悪影響がある場合があります。

私はできるだけ歪みがないように加工することを心がけています。


では私の加工方法をご紹介します。
まずは歪みがどのくらいあるかを測る道具です。
実はコレ、自作です(汗)
ひずみ計
カメラ店で売っている偏光板を2枚付けただけのシンプルなモノです。

ひずみ計②
二枚重なったとこが真っ黒になっているのがお分かりでしょうか?
角度を調整された2枚の偏光板は光を全く通しません。
ですので、1枚の所(この写真では手前レンズの周辺部分)は光が通り、
2枚重なっている部分は光が通らないので真っ暗です。

丸レンズ
加工前のレンズです。当然加工前ですので歪みがないので
偏光板の間にレンズを入れても真っ暗のままです。

メガネ
片方(右)だけレンズを入れました。一見すればこれで完成ですね。
ではコレを偏光板に通してみます。

加工レンズ1
おおっ!何だかバックにある蛍光灯の光がいがんだ形で見えています。

レンズに歪みが生じ、分子配列が乱れたため、本来光が通らないはずなのに
通ってしまっています。これではダメです。

手摺り
ここが腕の見せ所(笑)
自動機械では微妙なサイズ調整ができないため、手で摺ってやります。
小さくなりすぎると失敗です。そうならないよう慎重、丁寧に周囲を削ります。

手摺り2
どうですか。丸レンズの状態とほぼ同じになりましたよね。
写真では分かりませんが、少し歪みは残っています。

細かい話しになりますが、夏はレンズが膨張しています。逆に冬は収縮します。
つまり、夏にピッタリに作ると冬に少しゆるくなる場合があります。
ですのでこの季節は少しくらいの歪みはOKとしています。

当店では全ての加工に対して歪みチェックをしています。
もちろん、全ての加工で歪みをほぼ0にできるわけではありません。
それでも、できる限り歪みを減らし、快適な視空間をご提供できるよう
努力しています。

メガネフレーム修理

カテゴリ : メガネ
今回の修理は少してこずりました。

10年以上前のクリチスャン・ディオールです。
お客様がとても気に入られており、古いのは分かっているけど
ず~っと愛用されています。何とか修理してと頼み込まれました。
普段お世話になっている方ですので、何とかしないといけませんね。

ちょっとした不注意でテンプル(柄の部分)がポッキリと折れてしまいました。
修理前
さあ、どうする??
普通に接着剤を付けただけでは強度が足りずにすぐ折れてしまいます。
思案した結果、ステンレスの棒を橋渡しして止めることにしました。

ステンレス棒
まずは具合のいいサイズのステンレス棒を選び、適当な長さに切って
ヤスリで端をキレイに丸めます。

穴あけ
リューターで片側の断面に2ヶ所穴を開けます。慎重に、慎重に。
目にはキズミと言って時計修理に使うルーペをはめています。

接着剤
アラルダイト、という2液混合タイプの接着剤を使います。
とても強度がある接着剤です。

接着
片側にステンレス棒が接着されました。
密着強度はいいみたいです。

位置合わせ1
ここからが最も気を使います。反対側にも穴を開けていきます。
ズレないように、慎重に位置決めしないと、繋げたときにズレたりしては
シャレになりませんからね・・

位置決め2
ちょっと穴を開けてみました。
うん、いい感じ。

位置決め3
もう少しですね。穴位置はいいようです。

位置決め4
まだ接着していませんが、しっかりはまりました。
位置も良いようです。

上からの写真
上から見てもズレはなさそうです。よし、接着するぞ。

完成2
十分乾燥した後、余分な接着剤をヤスリ、ペーパーで丁寧に取り除きます。

完成1
完成しました!テンプル素材が透明なので、ステンレス棒が透けて見えます。
これはご勘弁ください。目立たないよう、できるだけ短めで作りました。

我ながらなかなか上出来と思います(自画自賛)(^_^;)

できる限りのことはさせて頂きました。
メガネ屋はやっぱり器用でないといけないと改めて思いました。


キッズ(ジュニア)用フレーム入荷しました

カテゴリ : メガネ
こんにちは。
このブログでは初めましてですね。
妻の真由美です。



力を入れていなかったキッズフレームですが
初めてメガネをかける小学生低学年のお子様用に
安心してお使いできる国産のしっかりしたフレームを
入荷しました。サイズは46と48です。

キッズフレーム
 
 
親御様にとって お子様のメガネ選びは悩みどころ
ですよね。
 
☆すぐに視力が変わる
☆成長してフレームが合わなくなる
☆壊れたり、なくしたり
 
なので、そんなに高いモノはと思われますよね。
 
淀屋が一番大切に思っているのは お子様がメガネを『機嫌良く掛けること』です。
『そのメガネ よく似合うよ(^^)』は嬉しい言葉ですね。
 
 
その次は きっちりとした掛け心地になるように
フィッティングできるフレームを選ぶこと。
 
セルフレームは人気があるのですが
フィッティングしにくいので  お子様にはメタルフレームをオススメしています。
 
一番活発な時期
メガネフレームがゆがんだりするのは 当たり前(^o^)
 
お子様は
メガネがずれる(-_-)
耳のところが痛い(>_<)
そういう理由で掛けたがらなくなるので
行きつけのメガネ屋さんを作っておくと良いですね。
 
中学生になる頃には
コンタクトも選択肢に入りますが
小学生の間は  眼科処方のもと  メガネを掛けてください。
 
 
うちの娘は小学2年の時に
学校の眼科検診で
『要  眼鏡』と言われ
私達親は びっくりしました。
メガネ屋の我が子が  そんなに目が悪くなってるなんて~って(-_-)
 
旦那さんは近視なので
そりゃ遺伝だろうとは思いますが
気がつかなかったのですよ。
 
お客様の中にも
『私は中学生から ずっと淀屋でメガネを作ってる!』という 40年のお付き合いの方がいます。
ありがたいことです。
 
お子様が
『おっちゃん (旦那さんのこと)メガネ 歪んだから直して~』って一人でも来れるような
そんな店です。

お気軽に ご来店下さいね(^_^)v

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次へ