大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード
RSS

ナノブロック掛け、目覚まし時計

カテゴリ : 時計
先日ちょっとおもしろい時計を仕入れました。

ナノブロックで覆われた掛け時計と目覚まし時計です。
それぞれ50ピースのおまけブロックがついているので自分でデコってあそべます。

掛け時計
掛け時計はこんな感じ。

アップ
アップにするとブロックであることが分かると思います。
色は一番上の写真が現物に近いです。

目覚まし時計
目覚まし時計はこんな感じ。

ポップ
掛け時計が\4,980円(税別)
目覚まし時計が\3,980円(税別)です。

ご遠方のお客様 その2

カテゴリ : 時計
3月18日のブログに宮崎から来られたお客様が、メガネを購入された話を書きました。

本日、今日、6月9日、またこのお方が来店されました!
今回は神戸で学会があり、その帰りに寄って頂きました。

3月、メガネを遠近両用で、一式のお買い上げでした。出来上がり後は発送することが
分かっていたので、プレフィッティング(レンズを入れる前のお顔に対してのフレーム調整)
をきっちりとしてご自宅に送りました。

お買い上げ後の礼状はもちろんお出ししたのですが、しばらくして、逆にお客様からも
調子よくメガネを使わしてもらっていると、礼状が届いていました。

今回ご来店頂いた第1の目的はメガネの調整です。お渡ししてからずっと当店でのメガネをご使用頂き、特に問題はないが、掛けている状態で念のためチェックして欲しいとのこと。
確認し、鼻パットを少し調整しましましたが、ほぼ問題なしです。

また、20年前にご購入のロレックスの修理と、その間の予備の時計をひとつお買い上げ頂きました。

お買い上げ頂いたメガネは周りの肩にも評判がよく、また超薄型レンズを使いましたので、
厚みも以前のに比べ薄くなったと、大変ご満足頂いております。

今日、来店されたときは、妻と仕事のことで資料を見ながらの打ち合わせ中で、全く気付きませんでした。
「お久しぶりです」と言われ、一瞬どなた?となり、少し焦りましたが、すぐに思い出し、
また来て頂いたんだ~!と内心とても嬉しく思いました。

前回よりも打ち解けた会話が弾み、楽しいひとときを過ごさせて頂きました。
ありがとうございます。
こういった方に再来店されるのは本当に商売人冥利に尽きます!




愛知時計電機

カテゴリ : 時計
掛け時計の修理です。

昭和20年から40年頃までの時計でしょうか。
明治末期から昭和初期まで国産掛け時計を2分していた精工舎と愛知時計電機。
精工舎は今のセイコーですが、現在愛知時計電機は時計の製造をしておらず、
電気、ガスメーターを作っています。

当時の掛け時計としては精工舎より愛知時計の方が作りがしっかりしていて
修理もしやすいです。

当店にも時々『何とかして欲しい』と大きな紙袋に入れてご来店されます。

今回は鳴りが悪くなったと言うことでの修理依頼です。
お孫さんがご来店。おじいちゃんが使っていた時計とのことです。

愛知時計


向かって左側のねじ穴が鳴るための動力のゼンマイです。
右は時計を動かすための動力のゼンマイです。

今回は左側のゼンマイと、コハゼという部品を
別作しました。


愛知時計ロゴ

それにしても当時の物って本当にしっかりと、丁寧に作られています。
以前の掛け時計ブログにも書きましたが、歯車にプラスティックを使うなんて
当時の技術者にはとうてい考えられない暴挙(?)なのでは。
と私個人的には思うのですが・・・
何でも本物、と言うか本格的な物は現行品より
昔の物の方がしっかりしていたと思います。
これは時計に限らずですけどね。

しばらく店で様子を見ていましたが、時間も正確に刻みますし、
鳴る音も良く響き、いい音です。

大切にお使い下さい。





ロレックス オーバーホール

カテゴリ : 時計
ロレックス、婦人物の分解掃除です。
特に調子が悪いわけではありませんが、10年くらいメンテナンスしていないので
今回のご依頼です。

メーカー時計の場合、そのメーカーに出す場合と、職人さんに出す場合と2系統あります。
時計の故障具合、お客様のご要望などでどちらに依頼するか決めています。
今回、理由は後述しますが、メーカーでの修理となりました。

ロレックスではメーカー修理をした場合、下の写真のような
『国際サービス保証書』
を必ず時計と一緒に添付してきます。
2年間の保証を謳っています。
修理保証で2年間というのは結構長いです。 さすがですね。
ロレックス分解掃除
 

さて、最近ロレックスを購入し始めた方はご存じないと思いますが、
過去、正規品ロレックス(直輸入品)を購入すると分解掃除代の割引になる
クーポンがあったりしました。
大分以前の話なので私もうろ覚えですが、1986年頃~1996年(95年?)までは
保証書を提示すればオーバーホール代が半額になるサービスがありました。 

オーバーホール半額、これは大きいです。
保証書の表面です。これも現在の保証書とは仕様が異なっています。
写真では分かりにくいでしょうか、1989年11月の購入となっています。
ロレックス保証書

裏面の一部を拡大しました。
割引クーポン 

今回のお客様のロレックスも正規品で、半額ですのでもう迷わずメーカー修理です。
時計本体、ブレスレットも可能な限り磨きをかけていますので、新品みたいな
状態で戻ってきます。
ただし、修理期間は長いです。今回は5月26日に当店に依頼されて、できあがってきたのが
6月29日、1ヶ月強かかってます。これでも割とスムースに行った方だと思います。

掛け時計修理

カテゴリ : 時計

今回は掛け時計の修理です。

約30年前にお祝いとして頂いた時計だそうです。
今までは電池交換のみで調子よく動いていたのですが、
今回調子が悪くなったので、修理のご依頼で来店されました。

電池式掛け時計の場合、いわゆる分解掃除というのは難しいです。 

と言うのも電池式時計(クオーツ時計)になってからは
機械内部の一部の歯車に金属ではなく、プラスチック系の歯車を
使うようになっています。

今回のように長年の使用によりプラスチック系歯車の摩耗が
激しい場合、たとえ修理をしてもうまくいきません。

そこでの対策として、機械交換となります。 

読んで字のごとく、あっさりと機械(ムーブ)を現在の機械と
交換します。


ここで問題が生じます。

機械の大きさが合うかどうかもありますが、それよりも
時分秒針が変わってしまいます。

針とムーブは基本セットとなっており、このムーブにはこの針、
という感じであまり選択の余地がありません。


今回お預かりした時計の針は花飾り針で単純なバータイプではありませんでした。
でもせっかくなので・・・とできるだけ花飾り針対応のムーブで探してみました・・・
・・・・


ありました!

お客様にはお預かりの時点で針が変わることはご了承頂いていたのですが、
引き取りにご来店頂いたときに、針が変わっていないと思うほど、
違和感がないムーブを見つけることができました。

それがこの写真です。

掛け時計修理 

写真の左側にあるのが元々ついていたムーブと針で、
時計は修理後の写真です。

ほとんどわからないでしょう?

いいのが見つかって良かったです。

修理代は新しい掛け時計が買えないこともない金額となります。
しかしお客様にとってはとても大切な思い出の品なのです。

世界にたったひとつの掛け時計なのです。

機械は変わってしまいましたが、外観はほとんど変わっておりません。
思い出の品を大事に使っていきたい・・・
お客様の思いをお手伝いできるのは
我々にとってもとても幸せな事です。 
前へ 1 2 3