大阪市淀川区宮原の株式会社 淀屋 宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器を通じて、一人でも多くの方に人生を豊かに快適に過ごして頂けるよう心がけております

大阪市淀川区の宝石(ジュエリー).時計.メガネ.補聴器なら淀屋

リンク

康孝のFacebookはこちらから↓
Facebook

ツイッター

真由美のFacebookはこちらから↓
Facebook



お店情報

営業時間
10:00 ~ 19:30

定休日
火曜日


TEL
06-6391-3518

FAX
06-6392-4558

メールアドレス
info@yodoya.hp4u.jp

住所
大阪府大阪市淀川区
宮原2丁目5-19(地図
携帯用QRコード
携帯用QRコード

ロズビー(A'rossvy)

ロズビーのカタログページはここをクリックしてください↓
ロズビー(A'rossvy)2018 title



ロズビーのショッピングサイトはここをクリックしてください  ↓

ロズビー(A'rossvy)2018 taitle

RSS

お婆ちゃんの形見

カテゴリ : 宝石
久しぶりにリフォームのブログです。
情けないことについうっかり写真を撮るのを忘れてしまってなかなかアップできない(^_^;)

今回はお客様はもちろん私たちも思いが詰まったリフォームでした。

ある日30代半ばの女性がおふたりでご来店なさいました。ご新規さまです。
最初は少しおどおどした感じでしたが「あの~、リフォームってできますか?」と尋ねられました。
妻が応対したのですが、よく聞くと当店でとてもお世話になったAさま方のお孫さんでした!

Aさまは先日99才でお亡くなりになりました。この方、女性なんですがつい先日までは
毎朝ラジオ体操に行き、編み物教室、社交ダンス、老人大学に参加されており、私たちもびっくりするくらい
元気でバイタリティーのある方でした。老人大学に行こうと思ったきっかけが体育がしたいからだったんですが、学校側が70才以上は体育はダメ、と言われて「ちぇっ」って言っていたのを思い出します。
息子様にもお世話になってますが、「私の方が(母に比べて)年寄りや」と良く冗談交じりでおっしゃっていました。
いつもニコニコ笑顔で、とっても元気だったAさま。ご冥福をお祈りいたします。
そのAさまのお孫さんです。気合いが入ります。

お孫さんはジュエリーを身に付ける習慣はないのですが、Aさまが大好きだったらしく、
いつも身に付けていたアメジストの指輪をリフォームしてずっと身に付けていたい。そう思い、それでも
ジュエリーショップには行き慣れていないので小学生以来のご友人と一緒に来店されたというわけです。

リフォーム前

僕も覚えていますが、確かにAさまはこのリングをずっとしていらしました。拝見した瞬間にAさまを思い出しましたよ(; ;)ホロホロ

ジュエリーを普段されない方にこの大きさのリングは抵抗があります。
まずは石のリカットをしなければなりません。

実はリカットって以外に難しいんです。色石の場合は色の問題。
小さくすればする程色が薄くなります。色は内部に入っているのでこの大きさだからこの色味なんです。
今回は新しいリングのデザインから考えると大きさが1/5位になりそう。ひょっとすると最悪色がなくなってしまうのでは?と私は心配しました。

お孫さんにお伝えしたところ、

お婆ちゃんが大事にしていた宝石を私は身に付けたい。色がたとえ透明になっても構わないのでとにかくこの宝石を私ができるようにして下さい

と頼まれました。




もう、泣きそうです。



お孫さんが帰られ職人さんともよーく相談しました。
職人さんも「えっ、この大きさにするの?大丈夫かな?」ととても心配していました。
私はお孫さんの気持ちを熱くお伝えし、それでもジュエリーなので、できるだけ色が残るところを
リカットして頂くよう重々お願いして預けました。

そして待つこと約1ヶ月。

できあがってきました!

リフォーム後

いいじゃないですか!
うん、いいよ!色も思ったほど抜けていない!
現物と写真の色合いはほぼ同じです。

これなら普段使いもできますし、アメジストとちゃんと分かります。
よかったーーーー!
心配していたんですよ。

このアメジストにはAさまとお孫さんおふたりの思いが詰まっています。
世界にただ1つのジュエリーです。何物にも代えられません。

ジュエリーリフォームってすばらしいですね!!

まだお渡しはしていないのですが、出来上がりを見た瞬間に安心したので思わず先に写真を撮り、アップします。

きっと喜んで頂けると思います。その様子もできればアップしますね。
2018-04-20 17:46:06

真珠ネックレスの糸替え

カテゴリ : 宝石
数あるジュエリーの中でもみなさんが持っていらっしゃる確率が一番高いのは真珠のネックレスではないでしょうか。ジュエリーの中でもいわゆる「お道具」的な要素が多いですものね。お嫁入り道具の1つとしてもよく使われています。

真珠のネックレス、皆さんは糸替えをしたことがおありでしょうか?
一部、ワイヤーで繋がれているのもありますが、基本的にネックレスは糸で繋がれています。昔は絹糸でしたが最近は丈夫な化繊も使われています。

この糸、3~5年すると使っている使っていない関係なく伸びてきます。当店でも10年以上そのまま、って方もいらっしゃいますが、最悪切れてバラバラになってしまいます。
そうなる前にぜひ糸替えをして下さい。使うことが近々ある方は1度出してみて確認してみて下さいね。

じゃあいつ頃糸替えをしたらいいのか?その1つの目安をお教えします。

糸替え前全景

糸替え後全景

写真上が糸替え前、下が糸替え後です。
写真で見ても違いが分かりませんよね?実は実物を見ても分かりません(笑)
あっ、今回は金具も換えたのでそこは変わっていますが、ネックレス本体の部分に違いは見つけにくいです。
ところが手に持ってみると・・・

糸替え前横

糸替え後横

上が糸替え前、下が糸替え後です。

違いが分かりますか?糸替え前は手の先からすぐに下へダラーンと垂れ下がっていますが、
糸替え後の方はピンと張っていて真下には向いていません。

この差は装用すると歴然です。
糸が伸びていたまま装用するとネックレスが肌に添っています。鎖骨の部分が出ている場合も
鎖骨に添ってでこぼことなります。

糸が張っているとネックレス自身が円を描こうとしますので、鎖骨が出ていてもその前後で
ネックレスが肌から浮いた状態になり、全体にキレイなシルエットを描いてくれます。

同じ品でも装用されたときのイメージが全然変わります。特に礼服など黒で襟元が開いている場合はその違いがよりはっきりします。

宝石店では切れる前にぜひ糸替えを、とよく言われますが(僕も言います(^_^;))、本当は手に持ったときダラーンとしていると思われたら糸替えをして頂きたいと僕は思っています。

当店では糸替えのみは¥2,000円、クラスプ(金具)交換¥2,000円追加です。
期間は1週間ほど頂いております。

夏のダンシング・ストーン

カテゴリ : 宝石
雑誌の CLASSY.  VERY  STOR の3誌にダンシング・ストーン・ネックレスの
広告が掲載されました。

当店は掲載商品取扱店となりました。

ダンシングストーン1

ダンシング・ストーン2

ダンシングストーン3

ダンシングストーン4


ダンシングストーンとはダイヤが揺れるジュエリーです。
その揺れ方がスゴくて、人はじっとしてても微妙に動いていますよね。
そのユレだけでダイヤがキラキラと輝きます。

下の動画はデザインは違いますが、ダイヤの動きは同じです。


ダイヤのリフォーム枠としても人気ですが、商品としてもとっても人気があります。

ピアスからイヤリング加工

カテゴリ : 宝石
専門家にとっては常識であっても一般の方にとっては未知の世界・・・
そんなことは多々あります。

これからは少しずつになりますがそんなことをご紹介していきたいと思います。

まずはパールのピアスをイヤリングに加工します。
もちろん逆(イヤリング→ピアス)も可能です。

冠婚葬祭に活躍するパールのピアスやイヤリング。親や親戚からせっかくもらっても
自分のタイプに合わないとできませんよね。

そんな加工を承ります。これは私が店で加工します。

今回はお母様からピアスを頂いた娘様。娘様はピアスをしていないので
イヤリングにします。

ピアス
ピアスの台は18金(金色)ですが今回は冠婚葬祭用に14金WG(ホワイトゴールド)のイヤリングにします。


まずは芯を抜きます。

芯抜き
はい、抜けました。
えっ?どうして抜いたかって?残念!それは企業秘密です(笑)
右にあるのが今回つける台になります。

WGであるのには理由があります。ネジ部分がプラチナだと柔らかいのですぐにへたってしまうのです。
ですので貴金属で白色のイヤリング台は18金WGか14金WGになります。今回は14金でします。

アラルダイト
接着剤です。2液混合タイプの「アラルダイト」といいます。
ちょー密着度が強く、耐久性もあります。当店ではこれを使用します。
使い込んでいるのでちょっと汚いですがご勘弁下さい(^_^;


次に画像はありませんが、パールの穴に残った前の接着剤をバイスなどでキレイに取り除きます。
残っていると密着度が下がってしまいます。

同量
アラルダイトA剤、B剤とも同量だけ使います。量のバランスが悪いとしっかり固まってくれません。


こねこね
こねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねこねしっかり混ぜます(^^)

接着
はい、無事に接着剤を流し込めました。当店のは速乾性なので結構早く固まります。
でも念のため一晩はそのまま乾燥させておきます。

完成
はい、ネジの頭に滑り止めのシリコンをつけて完成でーす。
当店ではネジバネ式金具を標準としています。クリップだけだと弱い。ネジだけだとしにくい。
写真上が装着している状態、写真下がつけるときにバネ部分を広げた状態になります。
これだと脱着が容易になります。


余談ですが元々あった18金のピアス芯は使わないのなら下取りにしますので
加工費から相殺されるのでお得です。

今回は最もスタンダードな直結タイプと言われる金具でしたので比較的容易にできました。

これがぶら下がりやデザインが凝った物になるとできない場合がございます。
まずはお気軽にご相談下さいね。

黒ずんだシルバーを家庭でキレイにする方法

カテゴリ : 宝石
皆さんのご家庭にシルバー製のアクセサリや小物はありませんか?
そしてそれは長年放置していたために黒ずんでいませんか?

ナイフ、フォークなどはシルバー磨きで磨けばキレイになりますが、
アクセサリなどは手が届かずきれにならない部分もありますよね。

そんなとき、比較的カンタンにキレイにする方法がありますのでご紹介します。

シルバーアクセ
これはある有名ブランドのシルバー製ペンダントネックレスです。長年放置していたので全体的に黒くなってしまっています。

準備するモノ
用意するのは
a.金属製でない容器。金属製はNGです。プラスティック、陶器製などがいいですね。
b.アルミ箔
c.重曹。ホームセンターなどで比較的簡単に手に入れることができます。炭酸って書いてある場合もあります。
d.スプーン
e.熱湯

① aの容器の中にしわくちゃにしたアルミ箔を敷きます。
② ①の中にシルバー製品を入れます。
     この時、ネックレスなどの場合、重ならないように置くのがコツです。

熱湯前




③ 熱湯をシルバー製品が十分に浸るぐらいまで入れます。やけどにご注意下さいね。  
④ 重曹をスプーンなどで中に少しずつ入れていきます。泡が出てきます。驚かないように(笑)
  最初は製品にかからないように周囲から少しずつ入れます。
⑤ 泡がなくなったらまた重曹を足します

これを繰り返していくウチにだんだんと黒ずみが取れてきます。
それと同時によく見るとアルミ箔に茶色い部分が出てくるのが分かります。
これは化学反応なのですが、簡単に言うと、シルバーに着いていた黒い付着物が重曹によって剥がれそれが
アルミ箔にくっついている、という事が起きています。
熱湯は化学反応が進みやすくするように入れています。

完成


最後に動画をアップします。ご参考下さいね。


後は水で綺麗にすすいで、ちょっとしっかり拭いてやると写真のようにキレ-になります。
1度試してみて下さいね。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ